手術をしないで卵巣のう腫を治療したい!|女性の切実な思い

卵巣のう膿の手術

主治医から卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の手術を勧められた女性の不安や悩みははかりしれません。小さなお子さんをお持ちの方などは、手術となると家に残す子供のことも気がかりのひとつです。

 

もし、卵巣のう腫の手術となると、手術の留守中に子供の面倒をみてくれる人が必要になります。しかし、預けられる身内はなかなかいないのが普通です。ご主人を頼りたくても、手術による入院中、会社を休むということはおそらくできないことが多いです。単純に寂しい思いをさせたくありませんし、繊細な性格の子供の場合だと心配で仕方がないはずです。

 

とかく女性の場合は、男性に比べてプラスアルファの役割を担っていて、入院となるととても大変です。それを思うと卵巣のう腫の手術に気持ちを集中させることなどできないと思います。「卵巣のう腫を手術しないで治したい!」と切望するのも当然のことです。

手術だけが卵巣のう腫の治療法ではありません!

卵巣のう膿の手術

何とかして手術をしないで卵巣嚢腫を治そうと、8万円もする高麗人参を飲んだり、漢方薬、民間療法などを試す方もいます。でも、そのような涙ぐましい努力をしなくても卵巣のう腫を治す方法はあります。もちろん、手術や化学療法とは全く無縁の身体にやさしい方法です。

 

本来、人間は誰でも、病気を自分の免疫力で改善させる「自然治癒(ちゆ)力」を備えています。しかし、現在の生活の中では人間が持つ本来の力が弱くなってしまいます。食べ物や生活習慣など、いろいろな原因が混ざり合って、卵巣のう腫を発症してしまうのです。

 

ホルモンレベルを正常に保ち、体の浄化に努めるための食事や生活習慣の改善をすることで卵巣のう腫の原因となっている体内の毒素が排出され、自然治癒力が高まり、自然と卵巣のう腫も小さくなっていきます。

 

卵巣のう腫を自然治癒する方法について|続きはコチラ